大阪府、微小粒子状物質(PM2.5)に係る「昼の注意喚起」を実施

発表日:2013.11.28

大阪府は、微小粒子状物質(PM2.5)に係る「昼の注意喚起」を、平成25年12月29日から実施すると発表した。同府では、これまでPM2.5について、午前5時から7時の3時間平均濃度が85μg/m3を超えた場合に「早朝の注意喚起」を行ってきた。今回、環境省が示したPM2.5に係る注意喚起の指針を11月28日に見直したことに伴い、午前5時から12時までの8時間平均濃度が80μg/m3を超えた場合、「昼の注意喚起」として12時15分に情報を発信することとなった。また、府独自に運用している大阪管区気象台から黄砂情報が出た場合の情報発信も引き続き行う。これらの情報は、これまでと同様、府ホームページの「重要なお知らせ」に掲載するとともに、府の防災情報メールで配信するという。

新着情報メール配信サービス
RSS