NEDOなど、北京で高効率の自動車リサイクルシステムを構築

発表日:2014.03.05

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と豊田通商(株)は、中国北京市で高効率の自動車リサイクルシステムを構築したと発表した。中国では、急速な経済成長により自動車保有台数が増加し、今後使用済み自動車の爆発的な増加が見込まれている。しかし、中国の自動車リサイクル工場では、手作業の解体作業が主流で処理台数は1日2~3台程度となっており、作業効率の向上、環境負荷を低減した処理が求められている。今回、有価物の取り外しなどの前処理からフロン破壊などの有害物除去を機械化した上で、車体裁断や廃タイヤの破砕・原料化までトータルで解体とリサイクルを統合した大規模集約型のリサイクルシステムの実証プロジェクトを実施。有害物の回収・処理工程までを統合することで解体に伴う環境負荷を低減、リサイクル率約90%を維持しつつ、年間1万台以上の使用済み自動車の処理が可能となった。この処理能力は、北京市内で解体・リサイクル処理されている使用済み自動車の約13%に相当するという。

新着情報メール配信サービス
RSS