NEDO、太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトで新たにテーマを採択

発表日:2015.09.16

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、太陽光発電の大量導入社会を支えるプロジェクトで新たにテーマを採択したと発表した。NEDOでは、太陽光発電の持続的発展に向けて、1)太陽光発電リサイクル技術開発プロジェクト、2)太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクトを実施している。今回、1)では、太陽光発電モジュールの低コストリサイクル処理技術や、有価物の回収率向上や回収物の高純度化技術の開発と実証に係る技術開発テーマ5件を採択した。また、2)では、工事を含む周辺機器や維持管理の低コスト化技術の開発と実証に係る技術開発テーマ2件を採択した。これらにより、太陽光発電の大量導入社会を支える太陽光発電のリサイクル社会構築や発電コスト低減を目指すという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 公募情報
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
ごみ・リサイクル
キーワード 太陽光発電 | リサイクル | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 実証 | 回収 | 低コスト | モジュール | 有価物
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS