トヨタ自動車(株)、ハイブリッドの燃焼技術など生かした高熱効率・低燃費エンジン群を開発

発表日:2014.04.10

トヨタ自動車(株)は、ハイブリッドの燃焼技術など生かした高熱効率・低燃費エンジン群を開発したと発表した。今回開発したエンジンのうち、1.3Lガソリンエンジンでは、これまでハイブリッド専用エンジンに採用してきたアトキンソンサイクルを採用するとともに、高圧縮比化することで膨張比を上げ排熱を抑制した。また、シリンダー内に強いタンブル流(縦回転の混合気の流れ)を生成する新形状の吸気ポートにより燃焼効率を高め、さらにクールドEGR(排出ガス再循環システム)などにより燃焼改善と損失低減を追求することで、最大熱効率38%を達成した。同エンジン搭載車ではアイドリングストップ機能などにより、従来型に比べ約15%の燃費向上を実現できる。同社では、近日マイナーチェンジする車種より搭載を始め、2015年までに全世界で合計14機種のエンジンを順次導入するという。

新着情報メール配信サービス
RSS