環境省、平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果を公表

発表日:2014.11.11

環境省は、平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果を公表した。同調査は、東日本大震災に伴い流出した有害物質及び廃棄物並びに福島第一原子力発電所より漏出した放射性物質に起因して海洋環境中で汚染が生じる可能性のある項目について、その現状を把握することを目的としたもの。今回の化学物質調査では、環境基準が設定されている項目(生活環境項目、健康項目及びダイオキシン類)は、いずれも国が定める基準値以内であった。多環芳香族炭化水素(PHA)については、半径100m程度の範囲で濃度が2~3倍程度変動することが明らかとなり、過年度におけるPAH濃度の変動は、経年的な変化ではなく、水平的な採取位置のずれに伴う変動の影響を受けている可能性が示唆された。また、堆積物中に含まれるPHAが泥食性の底生動物へ移行し濃縮する可能性は低いと考えられる。海底ごみ実態調査では、過年度と比較して、海底ごみが減少する傾向が見られた。同省では、今後も継続してモニタリングを実施するという。

新着情報メール配信サービス
RSS