環境省、平成27年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果を公表

発表日:2016.05.10

環境省は、平成27年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果を公表した。同調査は、東日本大震災に伴い流出した化学物質及び廃棄物並びに福島第一原子力発電所から漏出した放射性物質に起因して海洋環境中で汚染が生じる可能性のある項目について、その現状及び経年変化を把握することを目的としたもの。今回の継続モニタリング調査では、環境基準が設定されている項目については、いずれの測点においても海水及び底質ともに問題となる値はなく、その他の化学物質等も過年度の調査結果の範囲内又は同程度であった。また、放射性物質調査では、セシウム134及び137ともに経時的に濃度が減少する傾向が見られ、ストロンチウム90は平成23年度調査以降不検出又は検出限界値程度の低い値が続いている。さらに、追跡調査では、底質中の多環芳香族炭化水素の鉛直分布は、一部の測点を除き下層から表層に向けて濃度が減少する傾向が見られた。同省では、今後も継続してモニタリングを実施し、海洋環境の状況を把握するという。

新着情報メール配信サービス
RSS