環境省、平成24年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果を公表

発表日:2013.11.05

環境省は、東日本大震災の被災地における平成24年度の海洋環境モニタリング調査結果を公表した。同省では、平成23年度に引き続き、平成24年度も第1次~第3次までモニタリング調査を実施。今回、東日本大震災に係る海洋環境モニタリング調査検討会での検討結果を踏まえ公表した調査結果では、多くの化学物質について震災の影響による新たな汚染負荷の状況は見受けられなかったとしている。1)化学物質調査:第1次~第3次調査において、環境基準項目(生活環境項目、健康項目及びダイオキシン類)は、いずれも問題となる値は検出されなかった。それ以外の項目も、全体として既存の調査結果と同等あるいは低い値であった。堆積物中の多環芳香族炭化水素では、一部測点で他の測点より高い値が検出された。2)海底ごみ調査:第2次調査において、いずれの海域でも、平成23年度第3次調査における分布状況と比較して、ごみの増加傾向は見られなかった。また、調査対象とした海域では、全体的なごみの密度は比較的小さく、大型のごみは確認されなかった。

新着情報メール配信サービス
RSS