JXエネルギー、平成26年度内に11ヵ所の商用水素ステーションを開所

発表日:2014.11.12

JX日鉱日石エネルギー(株)は、平成26年度内に11ヵ所の商用水素ステーションを開所すると発表した。同社は、これまで燃料電池自動車に水素を供給する水素ステーションの実証事業を行い、技術面・運営面でのノウハウを蓄積してきており、現在23ヵ所の水素ステーションについて、開所に向けた準備を進めている。今回、平成26年12月に神奈川県海老名市において、商用の水素ステーション(サービスステーション(SS)一体型)の1号店を開所する。また、平成26年度内に1号店を含め合計11ヵ所の商用水素ステーションを開所することとなった。1)千葉県:SS一体型1ヵ所、2)埼玉県:SS一体型3ヵ所、3)東京都:単独型2ヵ所、4)神奈川県:SS一体型2ヵ所、単独型1ヵ所、5)愛知県:SS一体型2ヵ所。同社では、燃料電池自動車の普及に合わせ、水素供給事業でも、これまでの自動車用燃料供給の経験やSSネットワーク等のインフラを活かし、積極的に展開していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS