環境省、第1回日本・アジア開発銀行環境政策対話の結果を公表

発表日:2015.02.06

環境省は、平成27年2月2日にフィリピン・マニラで行われた「第1回日本国環境省・アジア開発銀行環境政策対話」の結果を公表した。平成26年6月、政策対話をベースに、両機関でアジア太平洋地域の環境的に持続可能な開発の促進に協力していくことに合意し、「日本国環境省とアジア開発銀行の間の環境協力に関する覚書」に署名した。今回の会合は、これに基づき開催されたもの。二国間クレジット制度(JCM)を含む気候変動分野や平成26年度から運用を開始したJCM日本基金、平成27年3月に日本ではじめて開催されるアジア・リーダーシップ・プログラム(ALP)について、両機関で近況や課題等を共有し、意見交換を行うとともに、両機関の環境協力における進展及び政策の動向等を確認した。また、引き続き両機関の環境協力を一層推進することが合意された。なお、同政策対話は、毎年、定期的に開催する予定。

新着情報メール配信サービス
RSS