理研など、タンパク質の「集合と拡散」による植物草丈制御の仕組みを発見

発表日:2015.02.07

(独)理化学研究所は、東京大学との共同研究グループが、タンパク質の「集合と拡散」による植物草丈制御の仕組みを発見したと発表した。植物ステロイドホルモン「ブラシノステロイド」は、植物の成長に重要な役割を果たすが、植物の中で、どのように機能しているかは明らかにされていなかった。今回、ブラシノステロイドの生合成を自在に制御できる阻害剤「ブラシナゾール(Brz)」を実験植物シロイヌナズナに添加し、ケミカルバイオロジー法による実験を行った結果、ブラシノステロイドのシグナル伝達を抑制的に制御するBSS1タンパク質を発見した。また、ブラシノステロイドを欠損した状態ではBSS1タンパク質は「集合」して大きなタンパク質の塊を形成して植物の茎の伸長を抑制した。一方、ブラシノステロイドを添加した場合は、BSS1タンパク質は「拡散」して塊は消失し、茎の伸長が促進された。これらの発見により、植物の草丈を自在に制御できる技術の開発が進み、植物バイオマス増産や植物への二酸化炭素固定促進のための基盤技術の開発につながると期待できるという。

情報源 (独)理化学研究所 プレスリリース
(独)理化学研究所 60秒でわかるプレスリリース
(独)科学技術振興機構(JST) 共同発表
機関 (独)理化学研究所 (独)科学技術振興機構(JST)
分野 地球環境
キーワード バイオマス | 理化学研究所 | 植物 | タンパク質 | CO2固定 | ブラシノステロイド | 草丈
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS