農環研、農地からの温室効果ガス削減効果を計算するウェブサイトを公開

発表日:2015.02.20

(独)農業環境技術研究所は、農地における土壌炭素の増減と温室効果ガス排出量を同時に計算して、温室効果ガス発生量の総合評価を簡単に行えるウェブサイトを公開したと発表した。農地の生産力を維持・増進するための有機物管理が、近年、地球温暖化の緩和策の一つとして期待されている。今回公開したサイトは、2013年に公開した『土壌のCO2吸収量「見える化」サイト』の機能を拡張し、CO2以外の温室効果ガスも評価できる総合評価サイトにしたもの。対象とする農地を地図上で選び、栽培する作物や栽培管理方法をメニューから選択するだけで、その農地の土壌炭素の変化量に加えて、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、機械作業や資材などに由来するCO2の発生量を予測し、すべてをCO2に換算して評価する。このサイトを利用して、農家や行政、生産者団体などが、農地管理による温室効果ガス削減の効果を、土壌炭素とCO2以外のガスのトレードオフを考慮して総合的に評価できるという。

新着情報メール配信サービス
RSS