大林組、ブラインドと照明の統合的制御により快適性の向上と省エネルギーを実現

発表日:2015.06.03

(株)大林組は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のプロジェクトにおいて、ブラインドと照明の統合的制御により快適性の向上と省エネルギーを実現したと発表した。同社では、「人が感じる明るさ感」を基に室内の光環境を自動制御し、明るい印象を維持しながら消費電力を削減するシステムの開発を進めてきた。今回のシステムは、さらなる消費電力の削減と快適性の向上を目指し、従来のシステムに、窓面に設置したカメラ画像を利用するブラインド制御機能を追加し、ブラインドと照明の統合制御を行うもの。このシステムの実証評価のため、昭和電機(株)東京支店が入居する神田風源ビルに導入した結果、晴天日の日中の消費電力を63%削減できることを確認した。今後は神田風源ビルで快適性や、年間を通じた終日の消費電力60%削減を目標とする省エネルギー効果を実証するとともに、机上の照度を補うタスクライトも含めた将来の制御技術開発のため、その利用状態(執務者の在席状況や調光状況等)も評価して行く予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS