岐阜県、「電力の見える化等による省エネモデル支援事業」を募集

発表日:2012.05.31

岐阜県は、「電力の見える化等による省エネモデル支援事業」の募集を開始すると発表した(募集期間:平成24年6月11日(月)~7月6日(金)17時必着)。同事業は、電力需給に関する危機意識が高まり、一層の省エネの推進が求められる中で、計測機器の設置による「電力の見える化」や電力消費量制御システム等を導入し、効率的・効果的な省エネの取組を行うモデル的事業に助成することにより、県内事業者の省エネに対する新たな取り組みの推進を図ることを目的とするもの。対象となるのは、岐阜県内の中小企業者・NPO・組合等が実施する、計測機器の設置による「電力の見える化」や電力消費量制御システム等を導入し、効率的・効果的な省エネの取組を行うモデル的事業。補助対象経費は、1)電力の見える化及び制御システムを構築するためのHEMS対象機器等の設置費、2)1)の事業に併せて実施する電力節減を目的とした照明器具や空調機器の更新費等、である。同県では、(公財)岐阜県産業経済振興センターに設置される「電力の見える化等による省エネモデル支援事業審査会」において審査・選考を行い、平成24年7月下旬に補助対象事業を決定する予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS