北海道電力など、南早来変電所大型蓄電システムの実証試験を開始

発表日:2015.12.25

北海道電力(株)と住友電気工業(株)は、北海道勇払郡安平町の南早来変電所において、大型蓄電システムの設置工事が完了し、実証試験を開始したと発表した。この蓄電システムは、バナジウム等の電解液を循環させて充放電するレドックスフロー電池で、定格出力15,000kW、容量60,000kWh。実証期間は平成27年12月から平成31年3月までの3ヵ年程度で、実証試験項目は、以下のとおり。1)周波数変動抑制制御手法の開発:火力発電や水力発電が担ってきた周波数調整機能と大型蓄電システムを組み合わせることにより、周波数調整力に与える効果を検証、2)余剰電力対策運転手法の開発:風力発電や太陽光発電の出力予測等に基づき、大型蓄電システムを効果的に運転することにより、再生可能エネルギーの出力増加に伴い発生する余剰電力を減少させる効果を評価、3)レドックスフロー電池の性能評価:大型蓄電システムの性能評価、システム効率評価など。両社では、保有する技術を結集し、再生可能エネルギーの更なる導入拡大に向け取り組むという。

情報源 北海道電力(株) プレスリリース
住友電気工業(株) プレスリリース
北海道電力(株) プレスリリース(2013年7月31日付)
機関 北海道電力(株) 住友電気工業(株)
分野 地球環境
キーワード 再生可能エネルギー | 住友電気工業 | 北海道電力 | 蓄電 | 実証試験 | 変電所 | 周波数 | レドックスフロー電池
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS