川崎重工業(株)、大型ニッケル水素電池を用いたスマートグリッド実証試験を開始

発表日:2012.04.24

川崎重工業(株)は、三菱電機(株)のスマートグリッド・スマートコミュニティ実証実験設備に、自社開発の大型ニッケル水素電池「ギガセル」を用いた実証試験装置(ギガセルシステム)を設置し、運転を開始したと発表した。ギガセルは、太陽光発電や風力発電の出力安定化や災害時の自立運転システムをはじめ、船舶向け蓄電装置、交通インフラ分野における鉄道システム用地上蓄電設備(BPS)など様々な分野で利用されている。今回実証試験を開始するシステムは、18モジュール(計38kWh)のギガセルとパワーコンディショナで構成されたもの。三菱電機尼崎地区の拠点内に設置してある太陽光発電システム(4,000kW)と、火力発電・揚水発電・負荷などを模擬した実証実験設備にギガセルシステムを連系し、天候によって出力が左右されやすい再生可能エネルギーが電力系統に大量導入された状況下で、周波数変動の抑制など電力品質維持に関わるギガセルシステムの技術検証を行う。主な実証項目は以下の3点。1)電力品質維持、2)災害時などでの自立運転、3)再生可能エネルギー大量導入時の系統安定化。同社は今後も、エネルギーの有効利用に貢献していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS