JAMSTECと極地研、北極海上でのブラックカーボン粒子の高精度測定に成功

発表日:2016.02.20

海洋研究開発機構(JAMSTEC)と国立極地研究所は、エアロゾル粒子成分の一つであるブラックカーボン(BC)粒子濃度の北極海上での高精度測定に成功したと発表した。北極海上で行われている航空機による大気観測では、数秒から数分間の瞬間的なデータしか得られないため、観測データの普遍性、連続性を検証することが難しく、北極海上での気候影響評価を理解するためのデータが乏しい状況であった。今回、海洋地球研究船「みらい」を用いて、北極域での洋上定点観測を実施することにより、非常に低い濃度(0.01ng/m3)での高精度測定に成功した。その結果、夏季から秋季における北極海上のBC濃度が0.01~20ng/m3の範囲で変動すること等が明らかとなり、北極域におけるBCの太陽光吸収や大気からの除去過程に関する重要な知見を得た。今後、観測データを蓄積していくとともに大気化学輸送モデルを用いた予測研究を実施し、北極海上のBC粒子の動態解明を通じて、全球におけるBCの収支・輸送過程を明らかにして行く予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS