東京都、平成26年度大規模事業所の温室効果ガス削減実績を公表

発表日:2016.02.25

東京都は、平成26年度における大規模事業所の温室効果ガス削減実績を公表した。これは、平成22年度から環境確保条例に基づき開始した、大規模事業所に対する「温室効果ガス排出総量削減義務と排出量取引制度」(キャップ&トレード制度)において、第一計画期間の最終年度である平成26年度の削減実績(平成27年度提出)を集計し、削減実績をまとめたもの。これによると、大規模事業所の平成26年度CO2排出量は、対象事業所の総床面積が増加する中でも25%削減を達成した。第一計画期間の5年間では、約1400万トンの排出削減となり、これは約130万世帯のCO2排出量(5年分)に相当(都内世帯総数の2割に相当)する。さらに、同期間は9割の事業所が自らの省エネ対策により義務達成の見込みで、対象事業所では今後も更なる省エネ対策を計画している。都では、平成27年度から開始している第二計画期間でも、引き続き対象事業所におけるCO2削減を促進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS