NEDOなど、ドイツで太陽光発電を地産地消する「エネルギー自己消費モデル」の確立に向けた実証事業を開始

発表日:2016.05.31

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、(株)NTTドコモ、(株)NTTファシリティーズ、日立化成(株)、(株)日立情報通信エンジニアリングと共同で取り組んでいる「ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ実証事業」において、太陽光パネル、蓄電池、ヒートポンプ、HEMSを組み合わせた住宅用システムの実証運転を開始したと発表した。同事業は、太陽光発電した電力を地産地消するとともに、エネルギーコストを低減できる「自己消費モデル」の確立を目的とするもの。今回運転を開始したシステムは、ドイツ・ラインラント=プファルツ州シュパイヤー市内の集合住宅(2棟×16戸)に設置されたもの。日射量データや各世帯の負荷パターンに基づき、太陽光発電電力やエネルギー消費量(電力、熱)を予測するとともに、仮想の電力料金モデルに応じて、電力系統への逆潮流及び、需要家のエネルギー料金を最小化するようにHEMSの制御ロジックが構築されており、蓄電池やヒートポンプを最適制御するという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
日立化成(株) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) (株)NTTドコモ (株)NTTファシリティーズ 日立化成(株) (株)日立情報通信エンジニアリング
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | ヒートポンプ | HEMS | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | ドイツ | 住宅 | 蓄電池 | 地産地消 | 日立化成
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS