大分県、「大分県災害廃棄物処理計画」を策定

発表日:2016.06.10

大分県は、「大分県災害廃棄物処理計画(平成28年3月)」を策定したと発表した。同県では、南海トラフ地震が高い確率で発生し、甚大な被害をもたらすものと予測されている。そこで、同計画は、「環境省災害廃棄物対策指針」など東日本大震災以降の新たな基準を踏まえ、災害時における廃棄物の迅速かつ適正な処理を確保し、早期の復旧・復興に役立てるために策定したもの。基本方針は、1)国・県・市町村・関係事業者及び県民が一体となった災害廃棄物の処理の推進、2)処理期間は、発災から概ね3年間(南海トラフ地震)、3)法令・制度に基づく適正処理、4)再資源化(リサイクル)・減量化の推進による埋立量の削減、5)被災状況や災害廃棄物の発生量に応じ、県外への広域処理や仮設処理施設設置の検討、となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS