沖縄県、「沖縄県災害廃棄物処理計画」を公表

発表日:2017.05.25

沖縄県は、「沖縄県災害廃棄物処理計画」を策定した。同計画は、「平成25年度沖縄県地震被害想定調査(平成26年3月)」の結果に基づき、大規模災害時に発生する廃棄物の種類や量を予測するとともに、それらの処理を迅速かつ円滑に進めるために必要な事項について整理し取りまとめたもの。災害廃棄物処理の基本方針として、1)可能な限り再資源化・減量化すること、2)県内の既存の処理施設を最大限活用すること、3)発災から3年以内の処理完了を目指すこと、4)これらは県及び市町村が、国や他県、民間事業者団体、ボランティアや地域住民等の協力を得ながら一体となって進めていくこと、としている。また、市町村が災害廃棄物処理計画を策定する際に必要となる情報等として、発生量推計や処理計画のひな形を掲載している。

新着情報メール配信サービス
RSS