GOSATプロジェクト、季節変動を取り除いた全大気平均CO2濃度が初めて400ppmを超えたと発表

発表日:2016.10.27

環境省、国立環境研究所及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクトにおいて、季節変動を取り除いた全大気平均CO2濃度が初めて400ppmを超えたと発表した。「いぶき」(GOSAT)は、CO2やメタンの観測を行う温室効果ガス観測技術衛星。今回、「地球大気全体(全大気)」のCO2平均濃度について、平成28年5月までの暫定的な解析を行ったところ、平成28年2月頃に季節変動を取り除いた濃度(推定経年平均濃度)が初めて400 ppmを越えたことがわかった。また、平成27年12月に初めて400ppmを超えた月別平均濃度の最大値は平成28年5月に過去最高となる402.3ppmを記録した。過去1年間で増加した濃度(年増加量)はこれまでは約2.2 ppm/年であったが、平成27年夏頃から平成28年4月にかけて2.5ppm以上で推移している。今回の「いぶき」の結果より、同現象が地表付近や特定地域に限らない地球規模の現象であることが示唆されるという。

情報源 環境省 報道発表資料
国立環境研究所 報道発表
GOSATプロジェクト
機関 環境省 国立環境研究所 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
分野 地球環境
キーワード CO2 | GOSAT | 環境省 | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | 宇宙航空研究開発機構 | JAXA | いぶき | 大気中濃度 | 季節変動
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS