温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクト、観測データを用いた全球の月別メタン収支を推定

発表日:2014.03.27

環境省、(独)国立環境研究所及び(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)プロジェクトにおいて、同衛星の観測データを用いた全球の月別メタン収支を推定したと発表した。「いぶき」(GOSAT)は、平成21年1月23日に打ち上げられた温室効果ガス観測技術衛星。今回、同衛星によるメタン濃度の観測データと、地上観測点における観測データとを用いて、平成21年6月から平成23年5月までの2年間について、全球の月別・地域別の正味のメタン収支(消失と放出の総量)を推定した。衛星観測によるメタン濃度データを活用して全球のメタン収支を定量的に推定するとともに、東南アジア域や、南米及びアフリカの南亜熱帯地域のメタンの放出がよりはっきりするなど、「いぶき」観測濃度データの有用性が明らかになった。今回得られたメタン収支量の結果は、国内外の専門分野の研究者による確認ののちに、平成26年夏までに一般に公開する予定という。

情報源 環境省 報道発表資料
(独)国立環境研究所 報道発表
(独)宇宙航空研究開発機構(JAXA) プレスリリース
機関 環境省 (独)国立環境研究所 (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
分野 地球環境
キーワード 人工衛星 | GOSAT | 環境省 | 温室効果ガス | 国立環境研究所 | 宇宙航空研究開発機構 | JAXA | メタン | いぶき | 観測
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS