NEDO、浮体式洋上風力発電システムの低コスト化に向けた要素技術開発に着手

発表日:2016.12.21

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、浮体式洋上風力発電システムの低コスト化に関する要素技術開発に着手すると発表した。洋上風力発電の導入を加速するため、着床式洋上風力発電に加えて、より深い海域に対応する浮体式洋上風力発電の研究開発を推進し、適用海域を拡大することが必要と考えられている。浮体式洋上風力発電は、世界的に見ても実証研究の段階にあり、実用化に至るには、技術面・コスト面等の課題を解決する必要がある。今回の事業では、1)1点係留技術および2枚ブレード風車の採用による風荷重の低減、2)一体化した風車・浮体・タワー方式による軽量化を実現する発電システムの概念設計および部品試作、3)モデル化した小型装置を用いた水槽試験を行い、4)浮体式洋上風力発電システムの安全性・信頼性・事業性を総合的に評価するという。2030年以降に想定される事業化段階において、発電コスト20円/kWhの実現を目標としている。

新着情報メール配信サービス
RSS