NEDO、ドイツで大規模ハイブリッド蓄電池システム実証事業を開始

発表日:2017.03.21

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドイツ・ニーダーザクセン州経済・労働・交通省およびザクセン州の電力供給管理会社2社と、大規模ハイブリッド蓄電池システム実証事業に関する基本協定書を締結した。ドイツ北西部に位置するニーダーザクセン州は、風力発電のポテンシャルが高い地域であるが、電力需給の調整を行うバランシング・グループの内で、需給バランスの差による局所的な系統電圧の不安定が生じている。今回、NEDOは、同州における電力需給バランスの調整の仕組みとして、蓄電池の充電・放電により電力系統の安定化を図る大規模ハイブリッド蓄電池システムの構築などの確立を目指す実証事業を実施する。NEDOの委託先である日立化成(株)、(株)日立パワーソリューションズ、日本ガイシ(株)の3社が、ドイツ側の協力企業との協定附属書の締結を経て、2017年4月から2020年3月まで3年間、実証事業を行うという。

情報源 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) ニュースリリース
日立化成(株) ニュースリリース
(株)日立パワーソリューションズ ニュースリリース
日本ガイシ(株) ニュースリリース
機関 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 日立化成(株)
分野 地球環境
キーワード 風力発電 | 再生可能エネルギー | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | ドイツ | 実証 | 蓄電池 | 系統安定化 | ニーダーザクセン州
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS