環境省、「アフリカのきれいな街プラットフォーム」設立準備会合の成果などを発表

発表日:2017.04.28

環境省は、国際協力機構(JICA)、国連環境計画(UNEP)、国際連合人間居住計画(UN-HABITAT)と共同で開催した「アフリカのきれいな街プラットフォーム」設立準備会合の成果を発表した。同会合は、2017年3月15日に行われた日・モザンビーク首脳会談の結果を受けて、4月25日から27日にかけてモザンビークの首都マプトで開催されたもの。アフリカ24か国の政府及び都市の廃棄物担当局長等に加え、横浜市などから150名以上が参加し、活発な議論が行われ、プラットフォームの設立などが盛り込まれた「マプト宣言」が採択された。プラットフォームは、アフリカにおける廃棄物管理や3Rに関するガイドライン提示と各国の実情に合わせた適用を行い、新たな参加を歓迎しつつ、持続可能な実施体制を検討するものとされた。また、環境副大臣とモザンビークの大統領、関係大臣およびマプト市長とのバイ会談では、プラットフォームの進め方などが話し合われたという。

新着情報メール配信サービス
RSS