三菱自動車、電動車両やV2Hを体験できる次世代店舗をオープン

発表日:2017.10.04

三菱自動車(株)は、2017年10月7日に、電動車両やV2Hを体験できる次世代店舗をオープンすると発表した。同店舗は、通常の店舗機能(新車販売、アフターサービスなど)に加えて、災害時などの移動手段や電力供給装置となる電動車両(EV、PHEV)の価値、エネルギー問題に果たす電動車両の社会的役割を感じることができる店舗。太陽光発電システムと、電動車両に蓄えた電気を家に供給するV2H機器を設置し、太陽光パネルで生み出した電力による電動車両への充電と、電動車両に蓄えた電力を店舗内で使用することを可能としている。また、一般家庭のダイニングルームを模した「ライフスタイルコーナー」では、1)停電発生時のV2H機器による電力供給の実演、2)電動車両の100V AC電源(1,500W)で家庭の電化製品を同時かつ複数使用できることを実演するという。

新着情報メール配信サービス
RSS