環境省、「脱炭素経営」に関するフォーラムを開催

発表日:2018.06.07

環境省は、「脱炭素経営」に意欲を持つ企業、ESG投資を行う金融機関等、再省蓄サービスの提供企業が一堂に会し、脱炭素経営の意義と行動内容を共有すること等を目的とするフォーラムの概要を発表した。2015年のSDGsやパリ協定の合意以降、企業の温暖化対策において、SBT(Science Based Targetsの略)や、RE100(100%再エネ導入)など、既存の事業を前提とせずに、社会課題を事業のリスク・機会と認識した上で、野心的な目標設定を行う政策が注目されている。こうした潮流があるなか、平成30年6月27日に同省(東京都千代田区)において、「企業版2 ℃目標フォーラム」が開催されることとなった。国連PRI(責任投資原則)議長 Martin Skancke氏をはじめ、参加企業や環境大臣のスピーチなどが予定されており、YouTubeによるライブ配信も行うという。

新着情報メール配信サービス
RSS