環境省、岡山県水島港で発見されたアカカミアリへの対応状況を発表

発表日:2018.09.20

環境省は、岡山県水島港・玉島ハーバーアイランドの(倉敷市)で発見された特定外来生物アカカミアリ(Solenopsis geminata)への対応状況を発表した。平成30年9月17日、中国四国地方環境事務所は、岡山県の調査においてヒアリ等と疑われる複数の個体が発見されたこと、それらは約50個体と確認され、殺虫処理および発見場所周辺に殺虫剤(ベイト剤)設置を終えているという報告を同県から受けた。また、翌18日にコンテナや舗装面を詳しく調べたところ、さらに約10個体のアリが発見され、前日と同様に殺虫処理等が行い、トラップを追加設置したことを確認した。9月19日時点、追加したトラップに疑わしいアリは捕獲されておらず、一連のアリはヒアリではなくアカカミアリであることが同定された。同地方環境事務所では、事業者の注意喚起を促すとともに、発見場所周辺における調査(目視およびトラップ設置)を継続するという。

新着情報メール配信サービス
RSS