環境省、令和元年度鳥獣の保護管理のあり方検討会を開催

発表日:2019.12.23

環境省は、令和元年度鳥獣の保護管理のあり方検討会を開催する。この検討会は、平成26年に改正し、平成27年5月に完全施行された「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成14年法律第88号)」の施行状況について確認を行い、鳥獣の保護及び管理に関するあり方について議論を行うことを目的としたもの。今回、令和2年5月に新法の施行から5年を迎えることから、新法の施行状況及び鳥獣保護管理行政に係る課題について検討を開始する。検討会は2回予定されており、第1回は令和2年1月8日、第2回は令和2年3月4日に、(一財)自然環境研究センター(東京都墨田区)おいて公開形式で開催する。第1回は1)狩猟制度の現状と課題、2)捕獲許可制度の現状と課題について、第2回は1) 指定管理鳥獣捕獲等事業の現状と課題、2)認定鳥獣捕獲等事業者制度の現状と課題について検討するという。傍聴希望は、事務局である(一財)自然環境研究センターに事前登録が必要である。

情報源 環境省 報道発表資料
機関 環境省
分野 自然環境
キーワード 環境省 | 鳥獣保護 | 鳥獣 | 自然環境研究センター | 指定管理鳥獣捕獲等事業 | 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律 | 鳥獣保護管理行政 | 狩猟制度 | 捕獲許可制度 | 認定鳥獣捕獲等事業者制度
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS