龍谷大、ジュゴンの「環境DNA」を定量するPCRプライマーセットを開発

発表日:2020.02.19

龍谷大学などの研究グループは、沖縄周辺海域で地域絶滅が危惧されている海棲哺乳類「ジュゴン(学名‎: Dugong dugon)」の環境DNAを定量するためのPCRプライマーセットを開発・検証したことを発表した。PCRプライマーセットは、特定のDNAのみを人工的に増幅させる反応を開始させるDNA断片。これまで、両生類、魚類、哺乳類など、さまざまな脊椎動物で作製され、環境DNA分析が行われてきた。今回、同研究グループは、インターネット上に登録されているジュゴンのDNA配列情報をもとに、ジュゴン由来の環境DNAだけが増幅されるようにプライマーセットを設計した。実際に、人工合成したDNA、水族館で飼育されているジュゴンの毛根・糞・飼育水で有効性が示された一方、近縁種(マナティ)の人工合成DNAは、増幅されないことも確認している。今後、沖縄周辺海域をはじめとしたジュゴン分布域の推定に応用され、ジュゴン保全の有効な手段となることが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS