農研機構、温暖化の農業影響と適応策をまとめた書籍を刊行

発表日:2020.07.07

(国研)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)は、地球温暖化が農業に与える影響評価と適応策の研究成果をまとめた書籍「地球温暖化と日本の農業―気温上昇によって私たちの食べ物が変わる!?」を紹介した(発行:2020年6月28日)。農研機構では温暖化への適応を重要な課題と位置づけ、将来の気候変化が農業に与える影響予測と対策オプションを準備する「影響評価研究」、適応技術の開発を行う「適応策研究」、そして農業分野からの温室効果ガス排出削減技術を開発する「緩和策研究」を行っている。この書籍では、農研機構がこれまでに実施してきた現場での栽培試験や数値シミュレーションなど多様な手法による研究成果をもとに、温暖化の現状や将来、世界の食糧生産への影響について解説すると共に、水稲、畑作物、野菜、果樹・茶、家畜・飼料作物、病害虫・雑草、農業水利用などの各作物、分野への影響と適応策を紹介している。

新着情報メール配信サービス
RSS