コロナなど3社、寒冷地向けハイブリッド冷暖房・給湯システムの諸元を紹介

発表日:2020.09.10

(株)コロナ、リンナイ(株)および北海道エア・ウォーター(株)は、2021年4月に発売を予定している、寒冷地の家庭向けに開発した冷暖房・給湯システムの性能などを紹介した。3社は、北海道や東北地方は全居室への暖房と給湯を基本としつつ、それらと別に、冷房として使うエアコンを設置する家庭が増えていることから、電気とガスを組み合わせ、暖冷房と給湯を1システムでカバーするシステムを共同開発した。同システムは、屋外のヒートポンプユニット(以下「HPユニット」)と屋内のガス給湯暖房熱源機により、床下の配管を介して温水または冷水を家屋全体に送り、温水式暖房・給湯、2、3室の冷水冷房を行うもの。HPユニットには地球温暖化係数が低いHFC冷媒「R32」を、冷水冷房には寒冷地の夏の湿度環境に適した冷温水ファンコイルユニットを採用している。光熱費の削減や、機器の専有スペース削減などを実現したという(灯油システム・オール電化比)。

情報源 (株)コロナ ニュース
リンナイ(株) ニュースリリース
エア・ウォーター(株) ニュースリリース(PDF)
機関 (株)コロナ リンナイ(株) エア・ウォーター(株)
分野 環境総合
キーワード ヒートポンプ | コロナ | 寒冷地 | リンナイ | 北海道エア・ウォーター | 冷暖房・給湯システム | ヒートポンプユニット | 冷水冷房 | HFC冷媒 | 冷温水ファンコイルユニット
関連ニュース

関連する環境技術

新着情報メール配信サービス
RSS