環境省と経済産業省、平成20年度のフロン回収・破壊法に基づく業務用冷凍空調機器からのフロン類回収量等の集計結果を公表

発表日:2009.12.22

環境省と経済産業省は、フロン回収・破壊法に基づく業務用冷凍空調機器からのフロン類回収量等の平成20年度の集計結果を公表した。その結果、平成20年度にフロン類を回収した業務用冷凍空調機器の合計台数は124万台、回収フロン類の量は3,773トンと、前年度と比べて各々20万台増、605トン増であった。その内訳は、機器の廃棄時等における回収が2,276トン(99万台)で、機器の整備時における回収が 1,497トン(25万台)であった。廃棄時等回収について、回収台数は前年度と比べて増加しており、回収量は前年度と比べてほぼ横ばいとなっているが、これは、ビル解体等大口の廃棄案件が引き続き減少していることや大型施設等の設備更新が控えられたこと等により、廃棄された業務用冷凍空調機器に含まれると見込まれるフロン類の量(廃棄時残存冷媒量)が一台当たりでは相対的に少なかったこと等が考えられるという。両省は、今後もフロン類の回収の促進に努めるという。

情報源 環境省 報道発表資料
経済産業省
機関 環境省 経済産業省
分野 地球環境
キーワード 環境省 | 経済産業省 | オゾン層 | フロン回収・破壊法 | 冷凍空調機器 | フロン類
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS