環境省、2019年度における地球温暖化対策計画の進捗状況を公表

発表日:2021.03.30

環境省は、令和3年3月29日に2019年度における地球温暖化対策計画(平成28年5月13日閣議決定)の進捗状況を公表した。今回の報告は、同計画における2018年度に掲げられた対策・施策の進捗状況などを、地球温暖化対策推進本部として取りまとめたもの。我が国の温室効果ガスの総排出量は約12億1,300万トン(二酸化炭素換算、速報値)で、前年度比で2.7%減少、2013年度比で14.0%減少となった。前年度比で減少した要因としては、エネルギー消費量の減少(製造業における生産量減少等)や、電力の低炭素化(再エネ拡大)に伴う電力由来のCO2排出量の減少等が寄与したとしている。各対策・施策の目標水準や見込み等については、「低炭素社会実行計画の実施」が115業種、その他の対策・施策が110件と報告された。同省では、計画の目標達成に向けては、毎年度の温室効果ガス排出量や今回の点検結果も踏まえ、同計画に掲げられた対策・施策を一層推進していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS