林野庁、新たな「森林・林業基本計画」を公表

発表日:2021.06.15

林野庁は、新たな「森林・林業基本計画」が、令和3年6月15日に閣議決定されたことを発表した。森林・林業基本計画は、森林・林業基本法に基づき、森林及び林業に関する施策の総合的かつ計画的な推進を図るために定める計画。新たな基本計画では、森林・林業・木材産業による「グリーン成長」を掲げ、森林を適正に管理し、林業・木材産業の持続性を高めながら成長発展させることで、2050カーボンニュートラルも見据えた豊かな社会経済を実現していくとしている。「グリーン成長」実現の柱として、1)森林資源の適正な管理・利用、2)「新しい林業」に向けた取組の展開、3)木材産業の競争力の強化、4)都市等における「第2の森林」づくり、5)新たな山村価値の創造に取り組むとしている。また、森林の適切な整備・保全等が図られた場合の森林面積目標を示す「森林の有する多面的機能の発揮」並びに令和12年に令和元年の1.4倍の木材供給量と、「建築用材等」への利用促進を目標とする「林産物の供給及び利用」を目標としている。

新着情報メール配信サービス
RSS