国内ニュース


 新潟県、新潟水俣病に関するパネル展を開催

発表日:2021.06.16


  新潟県は、「AGA MINAMATA-水俣病は終わらない-」を開催する(開催期間:令和3年7月13日~8月9日)。今回のパネル展は、写真家(フォトアーティスト)小原王明氏から、新潟水俣病に関するパネル写真56点が新潟県立環境と人間のふれあい館に寄贈されたことによる。同氏は新潟水俣病が発生した阿賀町など阿賀野川流域に通い、患者を被写体に撮影を続け、2018年に写真集を出版していた。今回、寄贈された写真を展示することにより、新潟水俣病への理解を深め、環境を大切にする意識を育んでほしいとパネル展(前編)の開催に至った。同館は、水環境の大切さを学習するために、自然とのふれあいが体験できる施設であり、水俣病のような悲劇を繰り返さないよう、その経験と教訓を後世に伝えていくことを目的としており、「新潟水俣病への理解を深めるため多くの方に来場してほしい」という。

情報源 新潟県 報道発表資料
〔参考〕パネル展チラシ
機関 新潟県 新潟県立環境と人間のふれあい館
分野 健康・化学物質
水・土壌環境
キーワード 新潟県 | 阿賀野川 | パネル展 | 水俣病 | フォトアーティスト | 新潟県立環境と人間のふれあい館 | 新潟水俣病
関連ニュース

関連する環境技術