経済産業省、次世代自動車戦略2010を公表

発表日:2010.04.12

経済産業省は、「次世代自動車戦略2010」を公表した。これは、地球環境問題や資源制約に対するグローバルな関心の高まり、世界の自動車市場の多様化などの背景を踏まえ、自動車や関連産業及び社会全体の中長期的な対応のあり方に関する新たな戦略として、「次世代自動車戦略研究会」での検討結果を取りまとめたもの。同戦略では、「全体戦略」において、2020年と2030年の普及目標(次世代自動車:2020年に最大50%など)と国内外の市場構造見通しを示した上で、全ての内燃機関自動車と次世代自動車に共通するアクションプランを示している。その上で、緊急性の観点から、より詳細な戦略策定を要する電気自動車、プラグイン・ハイブリッド自動車に関して、「電池戦略」「資源戦略」「インフラ整備戦略」「システム戦略」「国際標準化戦略」を定め、それぞれ現状及びアクションプランを示している。

新着情報メール配信サービス
RSS