カワサキプラントシステムズ(株)、国内初となるごみ焼却・バイオガス化複合施設の建設および運営事業を受注

発表日:2010.07.01

川崎重工グループのカワサキプラントシステムズ(株)は、国内初となるごみ焼却・バイオガス化複合施設の建設および20年間の運営事業を、山口県防府市より受注したと発表した。この施設は、ごみの選別・バイオガス化・焼却を組み合わせ、高効率な廃棄物発電を行う複合施設であり、最大発電量3,600kW、基準ごみ時の発電効率23.5%を実現する見込み。選別施設では、可燃ごみからバイオガス化に適したごみを選別し、選別されたごみはバイオガス化施設で高温乾式メタン発酵処理され、バイオガスを発生する。選別されない可燃ごみやメタン発酵残渣等は、焼却施設で低空気比高温燃焼を行い、エネルギーを回収する。その他、同施設には、粗大ごみ等のリサイクル施設と下水・し尿汚泥の有効利用施設もあり、焼却施設から発生する焼却灰等はセメント原料として利用される。また、廃棄物発電による電力は、施設内消費と余剰分の売電を行うことで、施設の維持管理費用の低減と温室効果ガス(CO2)排出量削減を図るという。

新着情報メール配信サービス
RSS