川崎重工、宮城県の亘理名取共立衛生処理組合向けごみ処理施設を納入

発表日:2016.04.14

川崎重工業(株)は、宮城県の亘理名取共立衛生処理組合向けに、ごみ処理施設を納入したと発表した。今回納入した施設は、ごみ焼却発電施設(処理能力157t/日:78.5トン/24h×2炉)とリサイクルセンター(処理能力22.9トン/5h)で構成され、プラント排水を敷地外へ一切排出しない完全クローズド方式を採用することにより、環境負荷の低減を実現している。ごみ焼却発電施設では、少ない空気量で燃焼性能の高い同社独自のストーカ式並行流焼却炉を採用し、焼却炉から発生する排ガスに対して、ろ過式集塵器(バグフィルタ)等の設置により、万全な公害防止策を施している。また、ストーカ式並行流焼却炉に、廃熱回収ボイラと蒸気タービンを組み合わせて廃棄物発電を行うことにより、温室効果ガス(CO2)の排出量削減に貢献できる。一方、リサイクルセンターでは、粗大ごみを受け入れて破砕した後、鉄やアルミ、可燃物に分別し、可燃物はごみ焼却施設に送られ処理されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS