トヨタ自動車(株)、中国天津市でPHV実証実験を開始

発表日:2010.10.28

トヨタ自動車(株)と、中国の自動車研究機関である中国汽車技術研究中心(CATARC)は、2010年10月28日、同社のプラグインハイブリッド車(PHV)を用いた共同実証実験を天津市で実施することで合意した。この実証実験は、中国での同社PHVの適応性や有用性を把握することを目的としており、2010年内に開始する。具体的には、現地の自動車ユーザーから評価者を選出し、PHVを貸与した上で、評価者は通勤などの生活の中でPHVを使用し、使い勝手を評価する。また、両社は、燃費や充電速度、EV走行距離などを測定し、そのデータを解析・評価する。このPHVは、家庭用電源からの充電が可能で、電池容量を大幅に増やすことでEV走行距離を拡大している。また、電気を使いきりEV走行ができなくなった後は、従来のハイブリッド車と同様に走行することができる。同社は、これまでに日本をはじめ、米国ボルダー、欧州のストラスブール等各地で実証実験を実施しており、2012年初めまでに同PHVの市販開始を目指しているという。

新着情報メール配信サービス
RSS