日本電気(株)、電気自動車向け充電インフラの広域展開が可能なクラウド型充電システムを開発

発表日:2010.11.08

日本電気(株)は、電気自動車(EV)向け充電インフラの広域展開を実現するため、EV用急速充電器(以下、急速充電器)とクラウドサービスを統合したクラウド型充電システムを開発したと発表した。今回開発したシステムは、1)利用者に対する多様な認証課金サービス(電子マネー決済機能)の提供、2)充電インフラを運用する事業者に対する効率的な運用保守の提供(遠隔からの利用者支援や障害対応など)、3)急速充電器の最大使用電力の制御、を可能とする。なお、同システムの一部は、総務省「ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業」の成果を活用しており、同社では、同事業を通して、急速充電器とクラウド間などの通信インタフェースの国際標準化を目指すという。また今後は、パートナー企業との連携によるトライアルなども進めていく予定という。

新着情報メール配信サービス
RSS