(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業の委託先を決定

発表日:2011.03.08

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、欧州地域におけるスマートコミュニティ実証事業の一環として、スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業の委託先を、三菱商事(株)、三菱重工業(株)および(株)日立製作所の3社(1提案)に決定したと発表した。この実証事業は、再生可能エネルギー及び電気自動車(EV)の大量導入普及を見据え、スペイン・マラガ市で展開されているスマートシティ・マラガプロジェクトと連携しつつ、大きなCO2削減効果が見込める交通と電力分野に焦点を当てて我が国のスマートコミュニティの技術実証を行うもの。具体的には、EV管理システムや充電設備などのインフラを整備する予定であり、NEDOとスペイン政府・産業技術センター(CDTI)が運営する「ジャパン・スペイン・イノベーション・プログラム(JSIP)」に則り、2011年度から2015年度まで事業が実施される。

新着情報メール配信サービス
RSS