川崎重工業グループ、南極向け風力発電装置を受注

発表日:2011.05.17

川崎重工業グループの日本飛行機(株)は、国立極地研究所が南極に設置する、出力20kW級の小型風力発電装置を受注した。この風力発電装置は、南極昭和基地における「再生可能エネルギー活用と環境保全対策」の一環として設置され、ディーゼル主発電機系統との連系運転が行われる。同装置は、日本飛行機が航空機メーカーとして培った設計製造技術を生かして独自に開発したもので、風車は縦軸型である。今後、同社が2011年9月末に納入した後、南極観測船「しらせ」で11月に南極昭和基地に運ばれ、第53次南極観測隊によって設置・運用されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS