シャープ(株)、化合物3接合型太陽電池で世界最高変換効率36.9%を達成

発表日:2011.11.04

シャープ(株)は、太陽電池を3つの層に積み重ねた化合物3接合型太陽電池で、世界最高(2011年11月4日現在、同社調べ)となる変換効率36.9%を達成したと発表した。化合物太陽電池は、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を持つ太陽電池で、光のエネルギーを電気エネルギーに変換する「変換効率」が高いという特長がある。同社では、光吸収層を3層に積み重ねて高効率化を実現する「化合物3接合型太陽電池」の研究開発を2000年から進めており、今回、各太陽電池層を直列に繋ぐために必要な接合部の抵抗を低減させることで、変換効率を高めることに成功した。将来的には、極薄の太陽電池層をフィルムなどに転写することにより、軽量でフレキシブルな太陽電池が可能となるという。なお、今回の成果は、NEDOの「革新的太陽光発電技術研究開発」テーマの一環として取り組んだ結果であり、今後、集光型の太陽光発電をはじめ、宇宙用や飛行体、車向け用途などでの実用化を目指していくという。

新着情報メール配信サービス
RSS