NEDO、集光型化合物3接合太陽電池セルで変換効率44.4%を達成

発表日:2013.06.14

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「革新的太陽光発電技術研究開発」プロジェクトの一環として、シャープ(株)が、化合物3接合型太陽電池で、研究レベルにおける世界最高の集光時セル変換効率44.4%を達成したと発表した。化合物3接合太陽電池セルは、インジウムやガリウムなど、2種類以上の元素からなる化合物を材料とした光吸収層を3層重ね、各層で異なる波長の光を吸収させることで、高い変換効率を実現したもの。今回、新たな電極形成プロセスを導入し、受光面と電極を繋ぐコンタクト層の幅を電極幅と同一にすることで、受光する面積を広げ、世界最高変換効率を達成した。NEDOでは、このプロジェクトで、2014年度までに変換効率48%以上の超高効率セルを実現し、実用化技術の開発を加えることで2030年を目途に既存電源並みの発電コストの達成を目指すという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
シャープ(株) ニュースリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) シャープ(株)
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 太陽電池 | シャープ | 集光型 | 変換効率 | 化合物 | インジウム | ガリウム
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS