佐賀県、公用車を活用した電気自動車(EV)体験試乗を実施

発表日:2012.02.16

佐賀県は、公用車を活用した電気自動車(EV)体験試乗を、平成24年2月18日(土)から開始すると発表した。同県は、低炭素社会の実現に向けて、二酸化炭素排出量の少ない、環境にやさしいEV及びプラグインハイブリッド自動車(PHV)の普及を推進しており、平成22年12月に経済産業省の第2期EV・PHVタウン構想(普及モデル事業)実施地域に選定されている。また、同県は、これまでにもより多くの県民にEV・PHVが持っている便利さや楽しさ等を体験してもらうため、「一万人ローラー試乗会」を県全域で実施してきた。今回、公用車に導入しているEV3台を活用し、業務で使用しない土曜日及び日曜日に、県民を対象に無料で貸し出す。利用時間は1回当たり4時間以内で、実施期間は、平成24年2月18日(土)から3月25日(日)までの計12日間となっている。

新着情報メール配信サービス
RSS