環境省、名古屋港の港湾計画の一部変更に対する環境省意見を提出

発表日:2012.03.12

環境省は、名古屋港の港湾計画の一部変更に対する環境省意見を提出した。これは、平成24年3月12日(月)開催の交通政策審議会第48回港湾分科会において、名古屋港の港湾計画の一部変更が諮問・審議されることに伴い、環境保全の観点からの同省の意見を提出したもの。今回の名古屋港港湾計画の改訂は、平成23年5月に名古屋港がバルク戦略港湾(穀物)に選定されたことを受けたもので、南部地区の北浜埠頭に、工業用地等約70haを埋立造成する。また、満載のパナマックス船の入港に対応するため、埋立地前面の航路・泊地を-14mに増深する。同省意見では、1)改正環境影響評価法の趣旨に鑑み、早期段階からの環境配慮を進めること、2)事業実施区域を含む閉鎖性海域の伊勢湾では、水質環境基準の達成率が低く、海底の貧酸素化が見られる状況にあるため、事業化に当たっては、海域環境への影響の回避・低減に努めること、3)同港内で発生する浚渫土砂の低減及び有効活用を図ること、を求めている。今後、同意見は、国土交通省港湾局を通じて、港湾管理者(名古屋港管理組合)に伝達されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS