住友林業(株)、電気自動車からのエネルギー供給システムを備えた戸建住宅を発売

発表日:2012.07.02

住友林業(株)は、電気自動車(EV)からのエネルギー供給システムを備えた戸建住宅を、2012年7月6日から販売を開始した。同社では、再生可能な資源である木を活かした住まいづくりを通じて、日々の暮らしの中で効率的なエネルギー消費と、最適なマネジメントを行うことにより、住宅のライフサイクル全体でのCO2排出量をマイナスにするライフサイクルカーボンマイナス(LCCM)住宅の開発を目指している。今回発売した住宅は、自然の恵みを活かした省エネルギーな木の家をベースに、太陽光発電システムや家庭用蓄電池システム、家庭用燃料電池、HEMS、V2Hシステムなどの環境配慮機器を搭載可能としたもの。V2HシステムはEVの大容量バッテリーに蓄えられた電力を家庭用に使うことを可能にするもので、生活用の電力や予備電源、停電時の非常用電源として使用することができる。同社では、よりエネルギーを効率的に活かすことで環境と家計に優しく、自然災害への備えとしても機能する住宅商品の充実をはかっていくという。

新着情報メール配信サービス
RSS