NEDO、ウクライナとの排出量取引でGISプロジェクトを実施

発表日:2012.06.22

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ウクライナ環境投資庁(SEIA)との排出量取引の際に交わしたGIS(グリーン投資スキーム)に関する契約に基づき、以下4件のプロジェクトを実施すると発表した。1)既存の警察車両を燃費効率に優れるハイブリッドカーに入れ替える「警察車両入替えプロジェクト」、2)教育施設に省エネルギー性能に優れる太陽光発電施設、太陽熱温水施設を導入する「教育施設ARTEKの省エネルギープロジェクト」、3)熱供給公社のボイラーハウスの分散化と、旧式ボイラーから最新の高効率ボイラーに入れ替える「ホルリフカ市の熱供給改善プロジェクト」、4)学校・病院等の窓枠や壁の断熱性を向上させる、「社会的プロジェクト(公共施設断熱性向上プロジェクト)」。これらのプロジェクトは温室効果ガスの排出削減を目指すもので、日本の優れた省エネ技術の活用が期待されている。なお、今回の合意により、NEDOがクレジット取得の為にウクライナへ支払った資金のプロジェクトへの割当が全て終了したという。

情報源 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) プレスリリース
機関 (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
分野 地球環境
キーワード 太陽光発電 | ハイブリッド車 | 省エネルギー | 温室効果ガス | 新エネルギー・産業技術総合開発機構 | NEDO | 排出量取引 | グリーン投資スキーム | ウクライナ | 断熱
関連ニュース
新着情報メール配信サービス
RSS