(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、ウクライナとの排出量取引でGISプロジェクトを実施

発表日:2011.01.19

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ウクライナ環境投資庁(NEIA)との排出量取引の際に交わしたGIS(グリーン投資スキーム)に関する契約に基づき、以下のプロジェクトを実施すると発表した。1)ボイコバ炭坑水処理パイロット・プロジェクト:炭坑の炭坑廃水を無処理で河川に排出せず、逆浸透膜を活用した処理技術により飲料水化し、周辺地域に飲料水を供給する。2)社会的プロジェクト(公共施設断熱向上プロジェクト):ウクライナ国内の学校・病院等公共施設窓枠や壁の断熱性を向上し、温室効果ガスの削減を図る。これらは、両者が2009年3月18日に締結した3,000万トンの割当量(AAU)購入契約による初のプロジェクトで、日本の先端技術により、ウクライナにおける環境問題や水不足問題等の課題を解決し、社会的にも貢献することが期待されるという。

新着情報メール配信サービス
RSS